blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARIKO RUBY

mariko ruby



 先日になりますが,ATMでお金をおろした時の事。
おろした一万円札二枚両方にMARIKO RUBYという紫色のスタンプが押してありました。
メモ書きのされた紙幣を見かけたりすることは今まで生きてきて少なからずはありましたが,
スタンプは初めてみました。(ATMを破壊して奪った時の紙幣には特殊なインクが付くらしいですね)
それはともかく,一体これは何なのだろうとインターネットで調べたところ,
MARIKO RUBYというスタンプを押してある一万円札を見たといういくつかの記事や質問がヒット。
しかし,具体的な答えは出ることはありませんでした。
一部には「海外銀行でお金を数えた時の印だ」などと言っている方がいましたが,
はたしてどうなのでしょうか。

日本銀行・調査統計局によると,日本の通貨流通高における一万円札の枚数は約77億枚だそうです。
MARIKO RUBYの情報はインターネットで数件と少ないようですが,
流通高からすれば,このスタンプは相当数の一万円札に押されているのでしょう。
そう考えると多くの紙幣が集まる何らかの金融機関で押されたという事も,可能性としてはあるのかもしれません。

そもそも,日本銀行券にこのようなスタンプをしていいものなのでしょうか。
日本銀行のホームページを見てみたところこのようなFAQがありました。

Q.お札を折り紙として使ったり、落書きをしたりすると、何か問題になるのでしょうか?

A.法令上、直ちに違法な行為とは言い切れませんが、皆様が傷みの激しいお札や、
本物にあるはずのない書込みや印字がされている変なお札を手にしてしまった場合、
偽札かどうかの見分けがつきにくくなります。
また、ATMや自動販売機で使えなかったりするなどのトラブルのもとになります。

お札を切り刻んだり、燃やしたりして損傷する行為はもちろんのこと、
ちょっとしたいたずら程度と思われる行為も、お札を使う場面では大きな支障となることがあります。
お札はみんなで使うものですから、大切に使ってください。


意外や意外,お札にラクガキをしたり,破いたりした際の罰則は無いんですよね。
明石家さんま本人にファンが書いたであろう「さんまさんに届け」という一文が書いてある紙幣が回ってきた,
という話もウソかホントか聞いたことがあるような。
だからと言ってこのようなスタンプやラクガキを推めるわけではありませんけれど。
話が逸れてしまいました…
このMARIKO RUBYのスタンプも取締の対象に当たるというわけではないようです。
銀行の支店に持っていけば交換をして貰えるのでしょうけれど,
ATMで使えるので貨幣としての利用に支障があるというわけではないでしょうし。

長々と駄文を書いてしまいましたが,結局このスタンプが何なのかという答えは分からないままです。
平日の日中に時間が出来たら,大手銀行の電話か窓口にでも聞いてみようかと思います。
もしかすると,銀行側もこのようなスタンプが押された紙幣を把握してないかもしれないですね。
答えが分かったら,また追記として書きたいと思います。



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2014/04/17(木) 14:39:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashichi.blog.fc2.com/tb.php/3-a98eb046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。